起業するなら「レンタルスペース」を活用しよう

レンタルオフィスのデメリット

賃貸オフィスの方が安い場合も

レンタルオフィスは月々の利用料だけ見れば、賃貸オフィスより安いものが多いです。
しかし、会議室や秘書サービスなど、オプションを毎月つけて別料金を払っていくと、しばらくした後に「賃貸事務所を整えられるくらいレンタル料金を払っていた」ということになりかねません。

そのときに気がついても、今更賃貸オフィス借りられるほどのお金は残っておらず、割高な利用料を払い続けることになってしまいがちです。

起業する際の初期費用が安くなるレンタルオフィスですが、事業の成長や事前資金を考慮した上で計画的に利用しないと、身動きがとれなくなってしまう原因にもなりかねます。

目先の利用料だけに目を向けず、長期的に見て損をすることはないのか、常に考えて利用するようにしましょう。

レンタルオフィスをしっかりと選ぶ必要性

レンタルオフィスのクオリティは、場所によって千差万別です。
個室がしっかりと壁で覆われ、設備のメンテナンスもきちんとされているところもあれば、薄いパーティションだけで区切られただけの簡易的なものもあります。
シェアオフィスほどではないにしろ、騒音があり、電話や会議の内容が隣に聞こえてしまう環境では、できる仕事も進まなくなります。
金額との兼ね合いもあると思いますが、値段だけで決めてしまうと後々後悔してしまうかもしれません。

また、レンタルオフィスはサービスを提供しているところなので、レンタルオフィスを運営・経営している人が存在します。
もし、レンタルオフィスが経営不振になってそこが廃業してしまった場合、引っ越しをして会社の住所などの登録情報を変更しなければなりません。
自分にも取引先にも迷惑がかかってしまうため、レンタルオフィスの経営状態にも注意しましょう。


この記事をシェアする