起業するなら「レンタルスペース」を活用しよう

オフィスをどうするか

作業スペースを必要としないオフィス

作業自体は家やすでにあるオフィスで行うけれど、自宅や作業場所を公開したくないから会社情報を別に作りたい。
そんなシチュエーションで使われるのが「バーチャルオフィス」です。

バーチャルオフィスは、作業スペースではなく、会社設立に必要な住所や電話番号などを登録するためのものです。
金額もレンタルオフィスよりも安いため、とにかく安く起業情報を作りたい方が利用されるようです。

また、一等地の住所を格安で借りることができるため、会社に良い印象を持たせるためにも用いられます。

郵便物や電話を転送することも可能なので、自分のプライバシーを守りながら業務にあたることができます。
まさに、実体を持たない「バーチャル」といったところでしょうか。

オフィスを共有

レンタルオフィスと混同されがちなものとして、「シェアオフィス」や「コワーキングオフィス」が挙げられます。

レンタルオフィスが個別のスペースを利用するのに対し、シェアオフィスは他の企業や個人利用者が同じ空間で作業をする形式を取っています。
周囲に外部の人間がいても作業ができる場合に、レンタルオフィスよりもフレキシブルなオフィスとして利用する方が多いようです。

ただし、個別の部屋がないということは、自分の業務が周囲に筒抜けになってしまう危険性も孕んでいます。
個人情報や機密情報を取り扱う業務を行なう方には不向きです。

シェアオフィスと似たものに、コワーキングオフィスがあります。
コワーキングオフィスは、オフィス内にいる外部の人たちと交流することを目的としている点が特徴です。


この記事をシェアする