起業したばかりの方必見!レンタルオフィスを借りよう

起業するなら「レンタルスペース」を活用しよう

オフィスをどうするか

起業のためにオフィスについて調べていると、「レンタルオフィス」の他にも、「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」というようなものを目にすることがあると思います。 これらはレンタルオフィスとどう違うのでしょうか。 それぞれのオフィスの特徴を理解し、自分に合ったオフィスを選びましょう。

たくさんあるオフィスの違いは?

起業するときに必要なのが「事務所」です。

個人で起業するにしても、複数人で事業を始めるにしても、登記の住所と作業場所の確保が欠かせません。
自宅をオフィスにするという手もありますが、経費の計算や立地の悪さ、プライバシーの確保など、問題がつきものです。

とはいえ、いきなり賃貸事務所を借りて、敷金礼金と賃料を払い、備品を全てそろえようと思うとかなりの金額の初期投資が必要です。

そこでおすすめなのが「レンタルオフィス」です。
レンタルオフィスは賃貸借契約を結ぶ賃貸オフィスとは違って、オフィスを施設とみなしてサービス利用料を支払う形態をとっています。
これにより、賃貸オフィスに比べてかなり安くオフィスを使うことができます。

大まかな例えですが、ジムに入会して施設を利用するのがレンタルオフィス、身体を鍛えるために一部屋借りて、そこに運動器具を購入してそろえるのが賃貸オフィス、というイメージです。
レンタルオフィスの方が初期費用が安いということが、なんとなくお分かりいただけると思います。

また、レンタルオフィスは住所の登記も行うことができます。
賃貸のように敷金・礼金・仲介手数料がかからないところも多く、申し込みから利用開始までの期間も短いため、元手をかけずに早く会社を立ち上げるには非常に便利です。

とはいえ、長期的に利用する場合の注意や、レンタルオフィスならではの特徴も多々あります。
このサイトでは、レンタルオフィスについて詳しくご紹介します。

レンタルオフィスのメリット!

レンタルオフィスは特殊な形態のため、どのような形で仕事ができるのかなかなかイメージしづらいと思います。 では、レンタルオフィスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。 レンタルオフィスには、他の事務所とは違った点がたくさんあります。 確認していきましょう。

レンタルオフィスのデメリット

いい面もたくさんあるレンタルオフィスですが、デメリットもあります。 「初期費用が安いから」「とりあえず会社が始められるから」と、下調べをせずに利用しつづけてしまうと、結果として損をしてしまうこともあるのです。 状況に合わせて、柔軟に、最適なオフィスを選択するようにしましょう。